コピー機の選び方(保守編)

コピー機(複合機)を選ぶポイントとして、保守契約も考慮に入れるとよいでしょう。 コピー機やプリンタはオフィスにとって欠かせない重要な精密機器であり、円滑に業務を行うためにも日々のメンテナンスは必要不可欠です。
また、突然の故障にも早急に対応できるように、複合機・プリンタを導入する際はこの保守契約を結ぶことが必須となっています。 保守にはいくつか種類がありますが、メーカーや機種によってあらかじめ決められています。

カウンター保守

カウンター保守とは、毎月の基本料金+印刷した枚数分の金額を支払うことで、機器の修理やメンテナンス・部品の交換を無料で行うサービスです。 トナー代や部品代、出張時の作業費、交換費などが含まれています。 故障やトナー切れになった場合、ご契約者様の請求となることはありません。 印刷枚数が多いと、その分故障や色落ちなどの不具合が発生する確率が高くなるため、定期的なメンテナンスが必要となるからです。

コピーキット保守

コピーキット保守とは、トナー代の中にメンテナンスなどの保守費用が含まれているサービスです。 保守契約がついたトナーを購入後、そのトナーがなくなる、または購入から5年経過するまでが 保守の有効期間となり、新たに保守つきのトナーを購入することで有効期間が更新される仕組みです。 カウンター保守と違い、印刷枚数に応じた費用はかからず、トナー購入時のみ費用が発生します。 主に毎月の印刷枚数が少ないお客様向けですが、コピーキット保守が対応するメーカー・機種は限られます。

スポット保守

スポット保守とは、保守契約を結んでいない複合機が故障や不具合を起こした場合、修理・メンテナンスの費用をお客様が支払う保守のことです。 基本料金・契約金はかかりませんが、トナーなどの費用は別途かかります。 不具合発生の際は、保守契約をしているお客様を優先して対応します。

年間保守

一年間の保守費用を一括で支払うことで、修理・メンテナンス・部品交換などの補償を受けられるサービスです。 契約は一年ごとに切れるので、その都度更新をする必要があります。 メンテナンスなどは無料で行われますが、トナー代は別途料金がかかります。 主にCanonの一部の機種にのみ対応している保守サービスです。

以上がコピー機(複合機)の保守についてです。 使用環境や状況などによってもオススメの保守(または機種)は変わってきますので、コピー機の導入前にはしっかりと利用予測を把握されることが必要です。


コピー機の導入・入れ替えをご検討のお客様へ

当サイトでは、たった2分の簡単入力で、最大5社からコピー機の見積書をお届けする一括見積もり依頼のサービスを行っております。 ご希望のメーカー・機種・性能など、お客様のご希望に合った見積もりをお出しできます。
新規開業や増設、コスト削減による見直しのためにも、是非下記バナーから、無料の一括見積もり依頼をご利用ください。 電話でのお問い合わせも承っておりますので、お気軽にご連絡をお願いいたします。

東京でコピー機の導入をお考えの方へ。「東京コピー機ABC」は無料・簡単入力で最大5社に一括見積もりの依頼ができるサイトです。
企業の新規立ち上げ・リースの見直し・突然の故障など。コピー機の一括見積もり依頼は「東京コピー機ABC」にお任せください。